会社について

会社概要

仁方のヤスリつくりは日本の工業化とともに第二次世界大戦後の復興期を経て、シェア95%といわれるまでになりました。 ワタオカは刀鍛冶であった先人が変わり行く日本の流れに沿うべく、新たに両刃ヤスリつくりを始めたものと思われます。 ノコ目立てのプロと共に培ってきた確かな生産技術と、良い道具を作るという誠実な志を大切にしております。
社名
株式会社ワタオカ
本社
広島県呉市仁方西神町12-20
創業
1890年(明治23年)
会社設立
1953年(昭和28年)
代表取締役
綿岡 美幸
資本金
1,000万円
取扱商品
両刃ヤスリ、木工用ヤスリ、
細工用ヤスリ、鉄工用ヤスリ、
チエンソーヤスリ、精密ヤスリ
など各種ヤスリ

会社沿革

沿革 1867年
(慶応3年)
刀匠梶山友平(刀鍛冶職 綿岡嘉作次男)、
大阪でヤスリの製造技術を習得後仁方へ
その技術を持ち帰った
1890年
(明治23年)
町内ヤスリ工場26戸の一翼として製造開始
1911年
(明治44年)
綿岡栄次郎、綿岡鉄工場を設立
1927年
(昭和2年)
綿岡信次郎、綿岡合資会社を設立
1940年~45年
(昭和14年~20年)
統制経済強化により工場縮小
1949年
(昭和24年)
綿岡二郎、綿岡鑢製作所再開
1953年
(昭和28年)
綿岡鑢製作所設立
1967年
(昭和42年)
株式会社綿岡鑢製作所設立
1985年
(昭和60年)
電極研磨用ヤスリ意匠登録取得
1997年
(平成9年)
株式会社ワタオカに社名変更

ロゴの由来

ツボ
ツボは一説に味噌壷を指すと言われています。
焼入れ工程で味噌を調合してヤスリに塗るためです。
ヤマ
両刃ヤスリの製造を開始した頃
【明治初~中頃】の流行で、ヤマサ・ヤマキ・山一など
名前の上にヤマのマークを冠したようです。
刀鍛冶であった綿岡嘉作の孫栄次郎が本格的に
工場生産を始めたようですが
その頭文字「ヱ」を使用しました。

会社について