他社との違い

当社のやすりがプロ職人に選ばれ続ける理由をまとめました。

1,切削面のクオリティーが違う

ステンレス

左が市販のやすりで、右がワタオカのやすりです。
以下の写真はそれぞれ拡大した写真です。

市販のやすりです。

ワタオカのやすりです。

樹脂

左が市販のやすりで、右がワタオカのやすりです。
以下の写真はそれぞれ拡大した写真です。

市販のやすりです。

ワタオカのやすりです。

木材

左が市販のやすりで、右がワタオカのやすりです。
以下の写真はそれぞれ拡大した写真です。

市販のやすりです。

ワタオカのやすりです。

昨今の海外製大量生産用やすりとは一線を画す手作りのクオリティーと自負しております。それぞれの分野で活躍するプロの職人に一度当社のやすりをお手にとっていただきたいです。

2,耐久力が高い

※公的機関検査場調べ

ピンクがワタオカのやすり、青が一般的なやすりです。

鉄工やすりで比較しました。ご覧の通りワタオカのやすりは、一般的なその他のやすりに比べ切削回数が増えても、切削能力は下がりません。

3,やすりとなる原料が違う

一般的なやすりは材料となる金属の表面を使用しますが、表面は金属の粒子が安定していません。ワタオカは金属の表面を削りだし内部の安定した部分を使ってやすりを製造します。

4,創業1890年のヤスリ製造の技術を伝承

広島県にある仁方のヤスリづくりは日本の工業化とともに,シェア95%となりました。当社も職人向けにやすりを製造しつづけ120年以上の月日が経ちました。